クレンジングの上手な選び方・使い方

オイル、ミルク、クリーム…クレンジングの種類にはどんなものがある?

メイクを落とすために欠かせないクレンジング。しかしこのクレンジングが肌に負担をかけてしまうことも多く、自分の肌やメイクの環境に合わせて製品を選んでいくことが大事です。いくら化粧水や美容液にこだわっていてもクレンジングの段階で肌に負担をかけてしまっているのではよいスキンケア環境とはいえません。

もっとも洗浄力に優れているのがオイルクレンジング

クレンジング

そんなクレンジング選びでは種類ごとの特徴をよく踏まえたうえで検討していくことが大事です。現在ではじつにさまざまな種類のクレンジングが発売されており、それぞれに特徴やメリット、デメリットを備えているからです。

 

クレンジングとは基本的にオイルでメイクを浮き上がらせて落としていくものです。そのためオイルの配合量が多いほど洗浄力に優れていることになるのですが、一方で洗浄力が強いほど肌への刺激も強くなります。ですから洗浄力と刺激のバランスをよく考慮しながら選んでいくことが第一です。つまりメイクをしっかり落とせるうえで肌への刺激ができるだけ少ないものを、というわけです。

 

クレンジングの種類も洗浄力と刺激で分けることができます。もっとも洗浄力に優れているのがオイルタイプ。オイルの配合量が多くしっかりとメイクを落としていくことができます。もっとも一般的なクレンジングであり、選択肢も多いのでまずこの種類の中から製品を探してみることになるでしょう。ただ優れた洗浄力の反面刺激も強いので乾燥肌・敏感肌の方には適さない面もあります。

低刺激を重視するならクリームクレンジングやミルククレンジング

クレンジング

オイルタイプと同様洗浄力に優れている一方水分が多く軽い使い心地なのがリキッドタイプです。ベタつきが少ないのでさっぱりした使い心地を好む方にもオススメです。肌への刺激がオイルタイプよりも少ないほか、オイルタイプでは外れてしまう恐れがあるマツエクをつけている方にも適しています。

 

低刺激を重視するならクリームタイプとミルクタイプがオススメです。クリームはリキッドタイプとは反対にこってりと厚めの使い心地が特徴となっており、弾力のあるクリームで肌を強く擦らずにメイクを落としていくことができます。ミルクタイプはもっとも刺激の引くないタイプ薄いメイクの方や刺激に敏感でクレンジングを思うように使えないという方に適しています。

 

ただどちらのタイプも洗浄力がやや劣るのでメイクをしっかり落とせるかどうかを見極めたうえで判断しましょう。とくにミルクは洗浄力が弱めなので注意が必要です。逆に言えばクリーム、ミルクタイプでも問題なく落とせる範囲内でのメイクを心がけるといった考え方もあります。刺激に敏感な方はメイク環境と組み合わせながら適切なクレンジングを選んでいきましょう。

コールドクリーム口コミ人気ランキング

乾燥肌、脂性肌、敏感肌…肌質で選びたいクレンジングとは?

クレンジングは肌質に併せて選んでいくことが大事です。メイクをしっかり落とすだけでなく肌に負担をかけずにうまく使い続けられることもクレンジング選びでは求められるからです。乾燥肌と脂性肌では当然耐えられる刺激のレベルが異なりますし、逆に脂っぽい肌のほうが汚れをしっかり落としていく必要があることから洗浄力が求められます。

敏感肌はミルククレンジング、乾燥肌はクリームクレンジングがおすすめ

クレンジング

まず敏感肌。刺激に敏感なのでクレンジングの負担を最小限に抑えることを前提に製品を選んでいきましょう。理想的なのはミルククレンジング。オイルの配合量も最小限で肌に優しく無理なく使っていくことができます。このタイプなら極端に刺激に敏感な状態になっていないかぎりは問題なく使用できるでしょう。

 

ただしミルクタイプは洗浄力が弱いため、メイクをしっかり落とせるかどうかが大事なポイントです。いくら低刺激でもメイクを落としきれずに肌に残してしまうようではかえって肌を悪化させてしまいます。ミルクタイプで落とせる範囲内のシンプルなメイクを心がける工夫なども欲しいところです。

 

乾燥肌も低刺激なものが求められますが、敏感肌ほど神経質に考える必要はないことからクリームタイプがオススメです。ミルクタイプよりも洗浄力が優れているうえに厚めのテクスチャーなので肌を指で擦らずに洗っていける点が魅力です。しかも洗い上がりがしっとりしており、洗い終わった後に肌が突っ張ってしまうといった問題が起こりにくい点も乾燥肌には大きな魅力でしょう。

脂性肌はさっぱりとしたリキッドやジェルクレンジングがおすすめ

クレンジング

ただクリームタイプもしっかりメイクを行っている場合には落としきれない場合があります。落とせる範囲内でのメイクを心がけるほか、アイメイクの場合はあらかじめリムーバーを使って落としておくなどの工夫も取り入れてみましょう。

 

クリームタイプでは洗浄力が心もとないという場合にはリキッドタイプを試してみるとよいでしょう。クリームタイプよりも少々刺激が強くなりますが、オイルタイプほど負担は大きくないのでそれほど乾燥が気にならない方に適しています。

 

脂性肌の場合はオイル、リキッド、ジェルタイプの中から肌に合ったものを選んでいくことになるでしょう。皮脂の分泌量がかなり多い方はオイルクレンジングでしっかり落としていく必要がありますが、オイルが多いクレンジングはベタついてしまうデメリットもあります。爽快感やさっぱりした使い心地を重視するならリキッドタイプ、ジェルタイプがオススメです。

 

とくにジェルタイプは肌になじみやすく擦らずにメイクをしっかり落としていくことができるものが多くオススメです。バリア機能がしっかり機能している分、メイクと皮脂汚れをしっかり落とせるかどうかと使い心地を重視して選んでいくようにしましょう。

年齢によって選びたいクレンジングは変わってくる?

クレンジング選びはつねに肌との相性を踏まえたうえで行っていく必要があります。よく乾燥肌・脂性肌など肌質別に選んでいくことが大事と言われますが、この肌質は先天的なものだけでなく後天的な理由で変化していきます。とくに加齢の影響が大きいため、年齢に合わせたクレンジング選びも求められるのです。

30代はオイル量の少ないクレンジングを選ぶこと

クレンジング

化粧水や美容液は30代に入ってからエイジングケア化粧品に切り替えるなど年齢に敏感なのにクレンジングは20代の頃のまま、というケースも多く、それが密かに肌トラブルの原因になってしまっている可能性もあります。

 

年齢ごとのクレンジング選びのポイントはバリア機能の低下を踏まえておくことです。肌の老化はよく乾燥からはじまるといわれますが、それにともないバリア機能が低下していくことで刺激に対して敏感になっていきます。洗顔料選びとも共通してきますが、洗浄力が高いクレンジングを使い続けているとバリア機能が低下していくことで肌に負担がかかるようになってしまうのです。

 

ですから現在のバリア機能で問題なく使用できることを前提にクレンジングを選んでいくことになります。

 

ただ難しいのは年齢肌とひと口に言っても個人差があり、30代に入る前から乾燥とバリア機能の低下が進んでいる人もいれば30代後半になってもツヤと潤いを維持している人もいます。ですから「30代にはこのクレンジング」と断言することは難しく、あくまで最終的には自分の肌の状態に合わせて選んでいくことになります。この前提を踏まえたうえで大まかな年齢ごとクレンジング選びのポイントを見ていきましょう。

40代は低刺激なクリームやミルククレンジングが向いている

クレンジング

30代前半は老化がはじまる時期、少しずつですがバリア機能も低下していくのでオイルの量が少なめのクレンジングに切り替えてみましょう。さっぱりした使い心地がよい方は水分が多いリキッドタイプもオススメです。この年齢ではまだ洗浄力の高い製品を選んでもそれほど肌には負担がかからないため、20代の頃よりも少しだけ低刺激を意識してみるとよいでしょう。

 

クレンジング選びの重要なターニングポイントとなるのが30代後半〜40代前半。老化が本格的に加速していくとともに乾燥とバリア機能の低下も目立つようになります。この時期になったジェルタイプやクリームタイプのクレンジングに切り替えてみましょう。これらのタイプは洗浄力がオイルタイプよりも落ちるのでそれに合わせてメイクも控えめにしていくのがポイントです。

 

さっぱりとした使い心地を重視するならジェルタイプ、しっとり感を重視するならクリームタイプがオススメです。

 

40代も半ばを過ぎて肌が刺激に敏感になった場合にはクリームタイプがミルクタイプ、低刺激を最優先にして選ぶようにしましょう。その分メイクはさらにシンプルなものを心がけてこれらのタイプでしっかり落とせる範囲内で行うことも重要です。肌と相談しつつ、そしてエイジングケアをしっかり行いつつ使うクレンジングを年齢に合わせてうまく切り替えていきましょう。

W洗顔不要のクレンジングは本当に肌に優しい?

スキンケアを行っていく上で大きなネックになるのがW洗顔です。まずクレンジングでメイクを落としたうえで洗顔で皮脂や角質などの汚れを落とす。この2段階の洗顔で肌の清潔を保つわけですが、その過程で肌に負担をかけてしまうことで肌荒れや乾燥、さらにはシワやたるみといったトラブルの原因を作ってしまう恐れがあります。

クレンジングそのものが肌に負担をかけないかどうかをチェック

クレンジング

とくに30代も後半になると肌への刺激を考慮しながらスキンケアを行っていくのが重要になるため、W洗顔の負担がマイナス材料になってしまいがちです。

 

そんなW洗顔の問題点を考慮してか、さまざまなメーカーからW洗顔不要のクレンジングが発売されるようになっています。つまり洗顔料としての役割も備えているのでメイクを落としつつ汚れも落とせる、その後すぐに化粧水から美容液、乳液…といったスキンケアを行っていくことができるのです。

 

これなら2度も洗顔して肌に負担をかける必要がないので単純に考えても刺激が半分になる、乾燥肌や敏感肌に悩まされている方にとっては理想的なアイテムのように思えます。W洗顔の後に肌のツッパリやヒリヒリ感などに悩まされている方はこのW洗顔不要のクレンジングを試してみる価値は十分にあるといえます。

W洗顔不要のクレンジングに界面活性剤が使用されていることも

クレンジング

しかしW洗顔不要のクレンジングは本当に肌に優しいのか?という疑問もあります。確かに2度も洗わずに済む分、指で擦る負担は減ります。これがバリア機能が低下している肌にとっては非常に魅力的な部分なのは間違いありませんが、問題なのはそのクレンジングそのものが肌に負担をかけないかどうかです。

 

たとえば低刺激のクレンジングと洗顔料でW洗顔を行った場合と、刺激が強めのW洗顔不要のクレンジングを使った場合どちらが肌に優しいのか、一概に後者がよいとはいえない面も出てきます。

 

たとえばW洗顔不要のクレンジングの場合、油分でメイクを落としつつ、水分で洗顔の効果を発揮するため界面活性剤の働きが重要になってきます。ほとんどのクレンジング、洗顔料には界面活性剤が使用されているものですが、W洗顔不要のクレンジングでは油分と水分両方の効果を高めるために肌に刺激が強い界面活性剤が使用されている可能性もあるので注意した方がよいでしょう。

 

また本当にメイクと汚れの両方をしっかり落とすことができるのか?という疑問点もあります。いくら肌への負担が少なくてもメイクと汚れを落としきれずに肌に残してしまうようでは本当の意味で肌に優しい製品とは言えません。

 

この辺りは肌質やメイクの環境によっても異なってくるので一概には言えませんが、実際に試してみたうえで洗浄力が十分か、本当にW洗顔不要で問題ないのかをよく確認した上で最終的な判断を下す必要がありそうです

美容成分が配合されたクレンジングは意味があるの?

さまざまなメーカーからいろいろなタイプのクレンジングが発売されるようになっており、肌質や年齢に合わせた選び方のポイントが重視されています。そんななか、美容成分が配合されたクレンジング剤も登場しており、実際にどれだけ効果があるのか話題になる機会も増えています。

効果があるのかについては賛否両論がある・・

クレンジング

洗顔料にも美容成分が配合されたものが見られますが、どれだけ効果があるのかについては賛否両論がハッキリと分かれています。ですから両方の意見を見た上で自分なりに判断を下していかなければならない面もあるのです。

 

否定的な意見の代表格は「どうせ洗い流してしまうのだから意味がない」というものです。洗顔料にしろクレンジングにしろメイクや汚れを「落とす」ことが目的です。肌に密着したメイクや毛穴の奥に汚れをしっかり落とせることを宣伝している製品なのに保湿成分だけは肌に残るというのはおかしいじゃないか、どうせ補っても洗い流す際に汚れと一緒に失われてしまうに違いない、というわけです。

 

とくにクレンジングの場合は洗った後に洗顔も行うのですが、補っても化粧水や美容液を使う頃にはもう残っていないはすだ、と考える人もいます。

 

この意見は確かに納得できるもので、少なくとも化粧水や美容液で補うときほど美容成分の効果は期待できないというのが一般的な評価です。

 

一方肯定的な意見では「補った美容成分がすべて洗い流されるわけじゃない」「洗うときに美容成分を補うからこそ意味がある」といったものが見られます。メイクや洗顔で清潔な状態になれば有効成分が浸透しやすくなりますし、毛穴の汚れがしっかり除去されていればその分奥にまで浸透していきます。汚れを落としながら有効成分を補うからこそ意味があるというわけです。

美容成分配合クレンジングは肌を整え、負担を軽減する効果が期待

クレンジング

またクレンジングは肌への刺激が大きな難点とされています。ですから保湿成分を補うことでバリア機能を改善し、その刺激を和らげる効果が期待できるとの意見もあります。

 

こうした肯定派の意見も確かに納得できます。ですから化粧水や美容液と同じ感覚で美容成分を補う効果は期待できませんが、クレンジングの後の肌を整え、負担を軽減する意味では効果が期待できる。というのが現時点での美容成分配合のクレンジングの一般的な評価となるでしょう。

 

これを踏まえたうえで自分にとって価値があるのかどうかを検討してみるとよいかもしれません。乾燥肌や敏感肌の方には価値が高く、脂性肌の方にはあまり価値がない、といった肌質による評価の違いも出てくるでしょう。加齢の影響でクレンジングの負担が気になり始めたという方もじっくりと検討してみたい部分です。

コールドクリーム口コミ人気ランキング

人気のコールドクリーム

ポリシマ コールドクリーム

コールドクリームポリシマ

40代以上の乾燥・敏感肌で使いたいエイジング効果抜群のマッサージクリーム
6,264円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

ドルックス クレンジングクリームN

マッサージクリーム口コミ人気ドルックス

プチプラでも高評価が並ぶロングセラーの定番クレンジングクリーム
864円・税込
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

D.U.O.(ドゥオ)クレンジングバーム

250万個突破、31種の美容成分が浸透しながら落とす!1つ5役のとろけるクレンジング
3,600円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!